仕上げ磨き 一案として


「家で、子供が歯を磨かせてくれないんです。」

「歯ブラシを見せると横になってくれません」

 

仕上げ磨きが必要なことはみなさんご存知ですが、子供さんが嫌がるので困っている方が多いようです。

歯科医師会の冊子を読んでいて、面白い記事があったのでちょっと紹介しますね。

日本歯科医師会会長の大久保満男先生が、実践されたお母さんから教えてもらったアイディアだそうです。

 

以下《歯の学校》から抜粋です 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのお母さんは、子供を無視するように自分の歯磨きに専念する。

そして、「ほら、お母さんの歯を見て。磨いても奥の歯が磨けていないの。だから、私の歯を磨いてちょうだい」

といって、子供に自分の歯ブラシを渡すのです。すると、子供は喜んで磨いてくれる。

その後で「お母さんでもダメだったから、あなたも磨けていないと思う」

と子供の歯ブラシを持って磨くと、子供はちっとも嫌がらないというんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

自分で歯を磨くことができる年齢にならないと実践できる方法ではありませんが、

子供さんに興味を持たせながら磨く、クリニックではできない家族ならではの方法だと思います。

 試してみるのも良いかもしれませんね。

子供さんの性格、興味の持ち方はそれぞれなので、合った方法を探してみてください。

 

2012年02月09日